関西シクロクロス公式ブログ

関西シクロクロスについての情報はこちらから

車載カメラについて

近年のビデオカメラの小型化・高性能化と共に、シクロクロスレースでスポーツ用の小型カメラ等を使用される方も増えてきました。ここで、関西シクロクロスでの車載カメラの取り扱いについてお知らせします。

ただし、ビデオカメラについてはUCI競技規則で「取り付けてよい」とは書いてあるものの、他に詳細な規定が存在しないため、関西シクロクロス以外の自転車競技大会では異なった運用がなされる場合もあることにご留意ください。

推奨位置

車載カメラは、ドロップハンドルの前方やサドルの下など、自転車から著しく飛び出ていない位置での固定を推奨します。

f:id:kansai_cyclocross:20220105141340j:plain

f:id:kansai_cyclocross:20220105141359j:plain

非推奨位置

ハンドルの上部に著しく飛び出ていたり、シートステーから横に飛び出ているなど、落車の際に選手本人や他の選手に危害を及ぼす可能性がある位置での装着は、認められません。

どの程度飛び出ていたらNGなのかについては、その場の審判の判断が最優先され、異議申し立てはできませんのでご注意ください。

f:id:kansai_cyclocross:20220105142043j:plain

f:id:kansai_cyclocross:20220105142055j:plain

禁止位置

ヘルメットマウントや、チェストマウントなど、自転車以外の衣服等への固定は、禁止します。落車の際に大変危険ですのでおやめください。レース中だけでなく試走時も同様です。

f:id:kansai_cyclocross:20220105143720j:plain

f:id:kansai_cyclocross:20220105155035j:plain

映像の使用

現在のところ関西シクロクロスでは、来場者が撮影した写真や映像の使用に関して、特に個別に禁止・許可の条件は明示しておりません。

ただし、インターネット上に一般公開して落車の原因を追究するなど、特定の個人を糾弾したり、競技の印象を悪化させたりするような使用は厳に慎んでください。

参考

UCI Cycling Regulations(抜粋)

1.3.001

Each licence holder shall ensure that his equipment (bicycle with accessories and other devices fitted, headgear, clothing, etc.) does not, by virtue of its quality, materials or design, constitute any danger to himself or to others.

ライセンス保持者は,自己の用具(付属品等の器材を装着した自転車,ヘルメット,衣服等)の品質や素材またはデザインによって自分自身や他の競技者に危険を及ぼすことがないようにしなければならない.

1.3.024 ter

Any bicycle may be fitted with onboard technology equipment (including but not limited to telemetry, transponder units, GPS units and video-cameras) that has the ability and purpose to collect or transmit data, information or images provided that it complies with under the following conditions:

いかなる自転車でも,データ,情報または映像を収集または送信する能力と目的を持つ車上テクノロジー機器(テレメトリー,トランスポンダユニット,GPSユニットおよびビデオカメラを含むがこれらに限らない)を以下の条件に従うことを条件として取り付けてよい.

  1. The system to install the equipment must be designed for use on bicycles and shall not affect the certification of any item of the bicycle;

    機器の取付け装置は自転車上で使用するために設計されなければならず,自転車のいかなる品目の認可にも影響しないものとする;

  2. The system to install the equipment must not allow the equipment to be removed during the race and the equipment will be considered non-removable;

    機器の取付け装置は,機器がレース中に取外されることを可能にするものではならず,機器は取外し不能とみなされる;

  3. Any and all data stemming from a rider’s onboard technology equipment must not be transmitted during a race to a third person.

    競技者の車上テクノロジー機器から生じるすべてのデータは,レース中に第三者に送信されてはならない.

(略)

1.3.031
  1. Wearing a rigid safety helmet shall be mandatory during competitions and training sessions in the following disciplines: track, mountain bike, cyclo-cross, trials and BMX, BMX Freestyle, para-cycling, as well as during cycling for all events.

    トラック競技,マウンテンバイク,シクロクロス,トライアル,BMX,BMXフリースタイルさらにサイクリング・フォア・オールの競技および練習においては,リジッド・ヘルメット(硬質な殻体を持つヘルメット)の着用を義務付ける.

  2. (略)

  3. Each rider shall be responsible for:

    各競技者は下記について責任を持たなければならない:

    (略)

    • using only a helmet that has not been altered or had any element added or removed in terms of design or form;

      設計あるいは形状において,変更されたり,要素が付加されたり除去されたりしていないヘルメットのみを使用すること.

    • using only accessories approved by the helmet manufacturer.

      ヘルメット製造者により承認された付属品のみを使用すること.

1.3.033

Items of clothing may not modify the morphology of the rider and any non-essential element or device, of which the purpose is not exclusively that of clothing or protection, is forbidden.

衣類の品目は競技者の身体形態を修正してはならず,そして衣類または保護のみを目的としない,いかなる必須ではない要素または考案物も禁じられる.

(略)