関西シクロクロス公式ブログ

関西シクロクロスについての情報はこちらから

関西シクロクロス公式ブログ

スポーツエントリー

UCI琵琶湖グランプリの開催カテゴリーについて(2022-2023シーズン)

2022.11.20(日) 関西シクロクロス UCI 琵琶湖グランプリ[AJOCC JCXシリーズ 第5戦]では、UCIカテゴリーと年齢別カテゴリーを実施します。参加資格は、いつものシリーズ戦のAJOCCカテゴリーとは異なりますのでご注意ください。

レースへの参加資格は、レースの公平性が保たれる範囲内で、レース主催者の裁量で決定されます。

UCIカテゴリー

UCIカテゴリー
開催カテゴリー AJOCC 生年月日
UCI男子エリートME C1 ~2004.12.31
UCI女子エリートWE L1 ~2006.12.31
UCI男子ジュニアMJ CJ 2005.1.1~2006.12.31

生年月日とライセンス

UCIカテゴリーへの参加は、生年月日が規定内であることに加え、JCF選手ライセンスの通年登録が必須です。臨時登録は認められておりません。外国居住者等は、UCI加盟の各国国内自転車競技連盟のライセンスでも構いません。

AJOCCカテゴリー

関西シクロクロス UCI 琵琶湖グランプリのUCIカテゴリーへの参加には、これまでと同じくそれぞれのAJOCCカテゴリーの認定が必須です。外国居住者等は、AJOCCカテゴリーの認定がない場合、競技実績を個別に判断します。

UCI琵琶湖グランプリ以前のレースに出走したことによる参加資格への影響

2022-2023シーズンのC1やL1認定を持っていても、UCI琵琶湖グランプリに出走するまでの今シーズンのAJOCC公認レースで、M1やWMなどのAJOCCマスターズカテゴリーに出走した場合は、今シーズンにマスターズへ移行した扱いとなり、UCIエリートカテゴリーへの出走ができません。

今シーズンのJCFシリーズのマスターズカテゴリーへの出走については、UCI琵琶湖グランプリのUCIエリートカテゴリー参加への影響はありません。

UCI琵琶湖グランプリの前の週のスーパークロス野辺山や東海シクロクロスで、C2からC1またはL2からL1に昇格できる着順を得た場合は、その場でそれぞれの主催者に昇格条件をよくご確認いただいた上で、UCI琵琶湖グランプリのスポーツエントリーの期限までにお申し込みいただくことができます。

必ずしもAJOCCデータベースの更新を待つ必要はありません。

すでに年齢別カテゴリーにエントリー済の場合は、UCIカテゴリーに振り替えることができます。すぐにinfo@kansaicross.comまでメールでご連絡ください。ただし、エントリー費の差額が必要です。

UCI琵琶湖グランプリ以降のレースの参加資格への影響

UCI琵琶湖グランプリのUCIエリートカテゴリーに出走したあとは、今シーズンのAJOCC公認レースでマスターズへ移行することはできません。

JCF主催の全日本選手権や、他主催者のJCFシリーズのマスターズカテゴリーへは出走できなくなる可能性があります。それぞれのレースの参加資格についてよくお読みになり、わからない場合はそれぞれの主催者に直接お問い合わせください。

もらえるポイント

  • UCIポイント:ポイント表はClass 2用が適用されます。UCIシクロクロスランキングに反映され、JCF主催の全日本選手権の参加資格や、UCIレースの招集順に影響があります。
  • JCXポイント:JCXランキングに反映され、シクロクロス東京の特定カテゴリーの参加資格や、シーズン終了後にAJOCCから授与される賞金に影響があります。
  • AJOCCポイント:ポイント表はJCX用が適用されます。AJOCCランキングに反映され、シーズン終了後の降格判定に影響があります。

JCFポイントの付与はなく、JCFシクロクロスランキングにも反映されません。

年齢別カテゴリー

UCIカテゴリーの他は、年齢別カテゴリーのみ実施します。いつもの関西シクロクロスシリーズ戦とは異なり、どのAJOCCカテゴリーに所属していても参加ができます。

すべてこの日限りのオープンレースであり、以前の他のレースへの出走がこのレースの出走資格に影響することはありません。また、このレースへの出走が他のレースの出走資格に影響することもまったくないと思われます。

UCIカテゴリーとの重複エントリーはできません。JCF選手登録は必須ではありません。臨時登録も不要です。

年齢別カテゴリー
開催カテゴリー 生年月日
男子M60 ~1963.12.31
男子M50-59 1964.1.1~1973.12.31
男子M40-49 1974.1.1~1983.12.31
男子M35-39 1984.1.1~1988.12.31
男子M19-34 1989.1.1~2004.12.31
男子U17 2007.1.1~2008.12.31
男子U15 2009.1.1~2010.12.31
女子W35 ~1988.12.31
女子W19-34 1989.1.1~2004.12.31
女子WU17 2007.1.1~2008.12.31
女子WU15 2009.1.1~2010.12.31

例えば普段C1やC2で走っていても、M1選手と一緒に40歳代や50歳代のレースに出走することができます。他に無い機会ですので、ふるってご参加ください。

UCIグランフォンドシリーズ(旧マスターズ・アマチュア)にならい、19-34歳カテゴリーも設置します。ジュニア年齢(2005~2006年生まれ)の方は、ぜひUCIカテゴリーに挑戦してください。男女U15には、普段CK3で走る小学6年生も参加できます。

※ シクロクロス競技での年齢は、2022-2023シーズンの場合、2023.12.31-23:59時点での年齢が基準となります。ロードやMTBの2023シーズンに相当します。